滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



心和ませる水彩画ずらり

滋賀文教短大で水曜会の展示
 滋賀文教短大(田村町)で開かれている水彩画講座「水曜会」による作品展が9日から同短大実習館で始まった。
 水曜会では講師の那須善之さんの指導のもと、50代から80代の受講生が月2回の水彩画教室を楽しんでいる。
 作品展には受講生22人が、郡上八幡や近江八幡、三島池などへスケッチ旅行で訪ねた際の風景作品をはじめ、静物、人物など51点を並べている。水彩画らしい淡くて優しいタッチが印象的。水曜会会長の奥田耕三さん(79)=弥高町=は「自分が感動し、心がときめいたものを絵にしている」「心が和むような色使いの作品ばかり。皆さんに見てもらえれば」と話している。美術演習を専攻する学生15人も「夜空のサーカス」などファンタジー作品を展示している。
 午前10時から午後4時、15日まで(最終日は同3時まで)。11、12日は休み。


2017年03月09日 16:43 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
 
長浜市
長浜市議会
長浜観光協会