滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



99歳で最新治療に成功

高月の平井さん、滋賀医大病院
 大津市の滋賀医科大付属病院は13日、大動脈弁狭窄症を患う高月町雨森の平井もと江さん(99)が新治療法「経カテーテル大動脈弁留置術」(TAVI)に成功したと発表した。同病院によると、国内最高齢の成功例。
 同症は心臓の大動脈弁硬化により、開きにくくなり血液が全身に送り出せなくなる。心臓内に強い負荷がかかるため、突然死に至る場合も。
 治療は脚のつけ根から挿入したカテーテルで生体弁を心臓まで運び、全身に血液を送り出す機能を回復。胸部にメスを入れる手術より数段回復が早いという。
 平井さんは昨年12月に同病院に転院。負担の大きい開胸手術が難しい一方、日ごろから畑仕事をするほど達者だったため、医療チームで検討の末、体への負担が少ないTAVIを選んだ。
 治療は同月26日に実施。高齢のため、血管が曲がっており、慎重を期して行われ、無事、成功。平井さんは2日後からリハビリを開始。家族によると自宅に戻っても大好きな舟木和夫の「学園広場」を大声で歌うほどまで回復。今は肺炎で長浜赤十字病院に入院中だが「幸せや」と話しているという。
 平井さんの長男・茂彦さん(72)は「高齢でも新たな治療ができたことで、励みになり、同じ患者さんらに夢と希望を与えられれば」と話している。


2017年03月14日 16:38 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会