滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



3人の気持ち、ひとつに

びわ中で冨田人形の出前講座
 びわ中学校で27日、郷土芸能「冨田人形」の出前講座が開かれ、1、2年生計141人が地元の伝統文化に親しんだ。
 冨田人形保存会(森善昭会長)は地域の子どもたちに人形浄瑠璃の素晴らしさを知ってもらおうと、冨田人形共遊団(阿部秀彦団長)による講座を企画。
 この日は阿部団長が人形の歴史や仕組みを解説した後、団員らが「傾城阿波の鳴門」を実演。生徒たちに操作方法を教えた。
 阿部団長は「人形を操る3人の気持ちをひとつにしないと、人間のような動きを表現できない」とアドバイス。「公演に出てみたい人と思う人は(見学に)ぜひ来てほしい」と呼びかけていた。
 樋口歩乃果さん(2年)は「初めてふれたが、想像以上に重く、細かいしぐさなどをするのが難しかった。良い経験になった」


2017年02月28日 15:55 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会