滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



持ち味生かした126点ずらり

長浜文芸会館で油絵サークル展
 油絵サークル「虹」(西尾文男代表)と、「パレット」(伊藤津哉子代表)による合同作品展が24日から長浜文芸会館で始まった。26日まで。
 虹は長浜サンパレスで毎週水曜午前、パレットは長浜公民館で毎週木曜午後に活動し、画家・佃常觀さんの指導を受けている。
 作品展では50代から80代の会員23人と、佃さんがこの1年間に描いた絵画126点を展示している。長浜駅前通りの中島屋食堂や大通寺門前通りを流れる米川など市街地の風景、伊吹山や三島池、余呉川など湖北地域の自然のほか、スケッチ旅行で訪れた信州の田園風景などが並ぶ。県展、市展、湖国を描く絵画展のほか、全国規模の光風会展の入選・入賞作品も。
 佃さんは「それぞれが持ち味を生かして描いている。じっと見ていると、それぞれの味が分かります」と話している。午前10時から午後5時まで(最終日は同4時まで)。


メンバーを募集
 「虹」と「パレット」はそれぞれメンバーを募集している。佃さんは「ベテランも初心者も和気あいあいと楽しく時間を過ごしている。一度教室をのぞいてください」と呼びかけている。


2017年02月24日 16:27 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会