滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



時事ネタトークも人気

ジオラマ館、歌声サークル「みんぐる」
 西友長浜楽市「長浜ジオラマ館」で月1回、開かれている歌声サークル「みんぐる」。曲間の楽しい時事ネタトークが人気を呼んでいる。
 同館は長浜楽市の生活サービス館2階に2016年4月、オープン。ヨーロッパの街並みや鉄道を再現した巨大ジオラマを展示し、おもちゃ病院を併設している。
 空きスペースを有効活用しようと、吉田敏樹館長(68)らが昨年6月から「シニア世代の憩いの場を」と歌声喫茶を開始。「みんなのグループ」を略し、「みんぐる」と名付け、毎月最終土曜、同世代を中心に30人前後が集まっている。
 歌声喫茶ではギターやベース、バンジョーやピアノの生演奏に合わせ、懐かしのフォークソングや歌謡曲、童謡などを合唱。曲の間には「みんぐる」名物、吉田館長の軽妙なトークが入る。
 28日は「北酒場」や「上を向いて歩こう」「花嫁」など約20曲を全員で合唱。吉田館長は滋賀夕刊をはじめ、マスコミで報道された「ながはま琵琶湖周航の歌100周年記念事業実行委員会、発足」や「トランプ大統領就任」、「日本人横綱・稀勢の里誕生」や「俳優の松方弘樹、死去」などの話題を提供。わかりやすく解説しながら、参加者と意見を交わしていた。
 居川成美さんは「歌うのも楽しいが、トークも楽しい。中立な立場で話題を提供してくれるから、安心して聞いていられる」と話していた。


2017年01月31日 16:14 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会