滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



大橋さんの作品 ルーブルに

絵画コンクールで銀賞に輝く
 長浜北小1年の大橋由菜さんの絵画が第40回こども絵画コンクール(主催・住友生命保険相互会社)で銀賞に輝き、作品が3月3日から1カ月間、フランス・パリのルーブル美術館に展示される。
 コンクールは「ゆめみるみらい かがやくみらい」をテーマに、全国から19万4994点の応募があり、ルーブル美術館に展示されるのは特別賞、金賞、銀賞の103点。
 大橋さんの作品は「みらいのロボットのいるまち」。画用紙いっぱいにロボットを描き、ロボットには人のほか、ライオンやウサギ、タヌキ、カエルなどが乗り、楽しそうに窓から顔をのぞかせている。空を走る道路も未来をイメージさせている。
 大橋さんが通う長浜ジュニアアート(一の宮町)の主宰・西川淳子さんは「色鮮やかで美しい。ひとつひとつ良く考えて、子どもなりに表現している」と作品を誉める。大橋さんは「ルーブル美術館に展示されるのが嬉しい。見に行きたい」と話していた。


2017年01月30日 16:00 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会