滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



子ども達の力作ずらり

文芸会館で湖北児童生徒書き初め展
 湖北児童生徒書き初め展が20日から長浜文芸会館で始まった。29日まで。
 長浜、米原の小中学校から応募のあった優秀作品1328点を展示。県書道協会の押谷達彦副理事長らが審査し、特選16点、準特選267点を選んだ。
 特選作品のうち小谷小4年・寺畑良真君は力強く「たけ馬」と書き、「墨をたっぷりとつけて、たくましい線で一貫している」との講評。長浜北小6年・中村未希さんの「飛馬」は「筆先を効かせた堂々とした書きぶりでまとまっている」、びわ中3年・徳田有香さんの「南山寿」は「縦画に力を込め、力強い線を配した重厚な行書作品」と、それぞれ評価された。また、長浜西中3年・佐野未来さんの「吉祥」は「線が暴れている。割れてまとまりにくいものをねじふせて行書でまとめる手腕は見事」と絶賛されていた。
 このほか、特選に選ばれたのは次の皆さん。
 ▽小学生=有留美夏(七郷3)、橋本優侍(同)、野川修汰(古保利4)、宇野春香(田根5)、大谷つぐみ(速水5)、窪田奈留(七郷6)、福原貫志(坂田6)▽中学生=友田輝南(長浜西1)、山岸美唯(高月1)、大音拓望(同2)、田中愛梨(西浅井2)、田中杏佳(長浜北3)。


2017年01月20日 16:45 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会