滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



「変化への対応」呼びかけ

長浜商議所の賀詞交歓会に260人
 長浜商工会議所主催の新春賀詞交歓会が6日、北ビワコホテルグラツィエで開かれ、湖北地域の経済、政治、行政関係者ら約260人が出席した。
 冒頭、あいさつに立った大塚敬一郎・長浜商議所会頭は企業寿命30年説を取り上げて企業の変革の必要性を訴え、さらに「最も強い者や賢い者が生き残ったのではない。変化に対応できたものが生き残った」と、ダーウィンの進化論を引用し、長浜のまちの変革を呼びかけた。また、「合併で行政が一つになったが、経済界、産業界は一つになっていない。これが一つになると大きな力になるんじゃないか」と、市内の商工会議所と3商工会の連携を呼びかけた。
 自民党の上野賢一郎衆院議員は党経済産業部会長として中小企業政策の取りまとめを行っていることを紹介し、「今年は地方の中核企業を、法律、予算、税制で応援する仕組みをつくる予定。中堅・中小企業が稼げる環境づくりが大切」と訴えた。民進党の田島一成衆院議員は日本の経済状況について「株式市場は好況だが、円安、原油価格の高騰、トランプ政権誕生と、まだまだ不安材料が残る」と指摘し、「長浜の特性を生かしてそれぞれの社業の発展にご尽力いただき、私どももお手伝いできるように精進したい」とした。来賓のあいさつの後、柴田清行・長浜市議会議長の音頭で乾杯し、出席者それぞれが、年頭のあいさつを交わしていた。


2017年01月06日 16:38 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会