滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



画用紙いっぱい堂々と

長浜文芸会館で湖北児童作品展
 MOA美術館(岡田茂吉美術文化財団)などが主催する湖北児童作品展が3日、長浜文芸会館で始まった。
 湖北地域の小学生から寄せられた1354点のうち、入選以上の作品250点を展示。カタツムリやカマキリ、ダンゴムシ、ザリガニなど身近な生物をはじめ、動物、花、野菜、自画像などを画用紙いっぱいに色鮮やかに描いている。MOA美術館奨励賞の大塚開史君(長浜小3)の作品はゾウの親子を真正面から堂々と描き、温かな表情が印象的。
 なお、会場では観賞に訪れる親子らに日本文化に親しんでもらおうと、裏千家茶道の有志が茶席を設け、茶を振る舞っていた。
 作品展は4日まで。茶席は3日のみ。午前9時から午後5時まで(最終日は同3時まで)。


2016年12月03日 16:57 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会