滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



授業参観で養成講座

余呉小、認知症キッズサポーターを
 12日の余呉小学校の授業参観で、認知症サポーター養成講座が開かれ、4、5年の児童39人とその保護者が認知症への理解を深めた。
 長浜市では認知症キャラバンメイトの協力で、平成22年度から「キッズサポーター」の養成を始めており、これまでに小中学生約1万1500人が受講している。
 親子参観での講座は今回が初めてで、この日は地元のキャラバンメイト・布施みさ恵さんら6人が講師となり、認知症の祖母と同居する孫娘の話を描いた「忘れても、好きだよ。おばあちゃん」の絵本を読み聞かせしたり、アルツハイマー病などのメカニズムを解説。寸劇で認知症患者とどのように接すればよいかをアドバイスした。
 布施さんらは寸劇で、認知症になると、ペットボトルの開け方、塩と砂糖の見分けがわからなくなることを演じた上「家族らが認知症かな?と思ったら病院などに相談を」と呼びかけていた。
 高橋光太朗君(5年)は「(認知症などで)困っている人がいたら、優しく声をかけたい」と話し、木之本、余呉、西浅井地域包括支援センターの村上伊都子主任介護専門員は「授業で一緒に学んだことを自宅でも家族で話し合ってもらえれば」と語っていた。


2016年11月14日 16:36 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会