滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



けシカらん!花壇全滅

永原小学校、食害対策で新公園
 シカの食害で学校花壇が維持できなくなった永原小学校は緑を継続させる策として、シカを寄せつけない工夫をしたポケットパークを整備。学校関係者は「これで、大丈夫」と胸をなでおろしている。
 校舎南側の庭園の一角約150平方㍍に花壇を整備。昭和39年から始まった花壇コンテストに応募し、61年には農林水産大臣賞を受賞するなど、熱心に緑化運動を展開していた。
 しかし、近くの葛篭尾崎でシカが大量繁殖。山に囲まれた学校にもシカが姿を現すようになり、花壇に植えていたパンジーなどを食い尽くすように。周辺に二重の防御ネット(高さ約2㍍)を張り巡らせても、支柱やネットを壊して、中に侵入。あらゆる手を尽くした職員たちの頭痛の種だった。
 同校では市教委や業者と対応を協議し、国土緑化推進機構の助成を受け、花壇から木々を中心とした「いこいの庭」に変更。シダレザクラやハナミズキ、モクレンなどの周りをシカが嫌うとされるツツジやサツキ約50本で囲み、被害に遭わないようにした。
 横田文子教頭は「ここ2年間は全滅状態で、困っていた。皆さんのアイデアで緑が残れば」と話している。
 同校では18日午後2時半から、協力関係者を招き、完成式典を開く。


2016年11月08日 16:26 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会