滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



今までにない本物の味

伊吹で「久次郎の蓬もち」発売
 米原市大久保の農林産物加工・体験・販売施設「久次郎」で17日から、伊吹のヨミギをふんだんに使った「しっかり餅」と「包み餅」の販売が始まる。
 餅を加工している農家団体「伊吹山麓元気農業協議会」(谷口隆一代表)は古くから薬草や食材として使われているヨモギに着目。地元のお年寄りたちに耕作放棄地約80㌃で栽培を依頼している。
 開発した餅は1升あたり500㌘のヨモギを入れており、濃緑色でしっかりした歯ごたえ。こしあんも上品な甘さ。谷口代表は「今までにない本物の味」としている。
 施設内で食べられる「しっかり餅」「包み餅」に自家製たくあんとみょうが漬けが付いた「お茶セット」は300円。持ち帰り用の6個入りは800円。長浜市の旅館「浜湖月」でもお茶受けとして出す予定。久次郎は土日、祝日の午前9時から午後3時まで。


2016年09月15日 16:37 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会