滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



わき出る気持ち、笑顔で

阿波おどりフェスに向け事前講習会
 米原市、近江公民館で3日夜、「秋の阿波おどりフェスティバル」(24日)の事前講習会が開かれ、長浜、米原の市民約80人が、阿波踊りの基本をマスターした。
 同館を運営するNPO法人おうみ地域人権・文化・スポーツ振興会が楽しい阿波踊りで日ごろのストレスを発散してもらおうと、東京、高円寺を拠点に活動しているグループ「華純蓮」をゲストに招き、阿波踊り大会を企画した。
 講習会ではグループ代表の酒本宏さんら4人が講師となり、阿波踊りの「男踊り」と「女踊り」の違いなどを解説。参加者は実際に踊りながら、動作を覚えた。
 「男踊り」はひざや腰を曲げて、大胆かつダイナミックに、「女踊り」は両手をあげて、斜めに体をくねらせ、品良くしなかやに踊る。
 酒本さんは「心からわき出る気持ちを笑顔で表現して」などとアドバイス。参加者は「やっとさ〜」「やっとやっと」の掛け声を合図に、鉦の音に合わせ、手足を動かし、楽しく踊っていた。
 岩橋静香さんは「曲のテンポが良く、楽しかった」といい、奥田町子さんも「ひざや腰を鍛えることができ、健康に良いのでは」と話していた。なお、フェスティバルは24日午後4時から、米原市顔戸の近江グラウンドで。当日も事前レクチャーがあり、参加チーム(3〜10人)を募集中。素敵な踊りを披露した人には最高3万円の賞金を授与。


「秋の阿波おどりフェス 事前講習会 」の動画はこちらから


2016年09月05日 13:30 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会