滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



個性、面白さ感じて

高月公民館きりえサークル作品展
 高月町渡岸寺、高月公民館「きりえサークル」の作品展が同館ロビーで開かれている。
 サークルは10年ほど前に発足。市内の60歳代から80歳代の男女10人が月2回、日本切り絵協会講師の川端澄代さんから指導を受けている。
 切り絵は台紙をカッターで切り取り、裏に和紙を貼り付けて仕上げる。テーマや課題に沿って製作する場合もあるが、作品展では思い思いに「西野水道」や「ヤンマー会館」などの湖北の風景や「夫婦岩」「黒部ダム」など、旅した際の思い出を切り絵で表現している。
 世話役の野洲昭夫さん(高月町西野)は「作品の違いを見て、個性や切り絵の面白さを感じてほしい」と話している。
 全メンバーの合作「SL」など26点を展示。午前8時半から午後5時15分、9月7日午前中まで。月曜と28日午後、9月4日休館。無料。


2016年08月24日 15:50 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会