滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



チョキチョキ切って2万枚

樫迫君の怪獣切り絵展、近江公民館
チョキチョキ、怪獣や怪物2万枚—長浜小4年・樫迫大悟君(神前町)の切り絵展が、米原市顔戸の近江公民館で開かれている。
 樫迫君は3歳の時からハサミを使うことが好きになり、切り絵を始めた。モチーフにしているのは怪獣や怪物、怪人。頭の中で思いついたイメージをそのまま形に。切り始めるとわずか10〜15秒で仕上げてしまう。
 同じ形の作品はなく、母の香さん(37)によると、その数は2万枚を超えるという。会場には作り始めた初期の作品や切り抜いた後、そのままの形を残している折り紙を展示。香さんは「並べているのは制作した中のほんの一部。3歳から今に至るまでのあゆみを見ていただければ」と話している。
 午前9時から午後6時、8月31日まで。入場無料。


2016年07月26日 16:18 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会