滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



夏にぴったり「梅しそ餅」

菓子の「道次商店」新商品
 永久寺町の菓子店「道次商店」は、さわやか風味の和菓子「梅しそ餅」の販売を始めた。
 同店の道次京子さんと娘の饗場彩矢果さんは長年、続いている和菓子店を引き継ぎ、2014年11月から洋菓子も製造販売するように。シフォンケーキやロールケーキ、焼き菓子のほか、懐かしい味のおはぎ、がらたて、ういろや季節に合わせ、桜餅や花見団子なども作っている。
 「梅しそ餅」は米粒の食感を残した「はんごろし」と「ゆかり」を混ぜた生地(皮)で、丸めたつぶあんを覆い、上に細かく刻んだ「梅干」をトッピング。さらに青ジソで包んで、清涼感を演出している。
 「酸っぱすぎず、甘すぎず、バランスのとれた味で、夏にぴったり」と饗場さん。8日に発売したばかりだが、リピーターも多いという。1個160円。
 営業は木金土曜の午前9時から午後5時。


2016年07月20日 16:49 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会