滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



「見ている人が楽しくなる舞台に」

出井幹子バレエ教室発表会。30日、ひこね市文化プラザで
 出井幹子バレエ教室(勝町)の発表会が30日午後3時半からひこね市文化プラザで開かれる。日ごろの練習の成果を披露するため2年に1度開かれ、同教室に通う幼児から大人まで約90人が出演する。
 世界的ダンサーで演出家の深川秀夫さんが構成や振付などを指導する「ガーシュイン・モナムール」をはじめ、子ども達が中心になって演じる「ピーターパン」のほか、小品集として「赤ずきん」「踊る人形」「ナポリの踊り」などがある。
 「ガーシュイン・モナムール」に出演する下村由梨香さん(21)=列見町=と伊藤寧々さん(21)=米原市梅ケ原栄=は発表会を控え、連日、深夜までレッスンに励んでいる。下村さんは昨年2月から12月までオーストラリア・メルボルンのバレエスクールに留学。「向こうで勉強し、成長した姿を見て頂ければ」と話し、伊藤さんは「ジャズのようなテンポ良い作品で、クラシックよりなじみやすい。見ている人が楽しくなるような舞台にしたい」と話している。入場無料。


2016年07月13日 16:08 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会