滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



全国に3人、近畿に5人

空手大会、長浜の小学生が出場
 平方町の草野派糸東流拳法空手道会長浜道場の小学生5人が県空手道選手権大会で上位入賞し、県代表として、近畿、全国大会に出場する。
 空手には定められた形を演武する形競技と対戦しポイントを取り合う組手競技がある。県大会は8日、県立武道館で開かれ、県内各道場から選ばれた選手のみが出場。学年、男女別で競技ごとに30〜70人がエントリーした。
 優勝、準優勝し近畿、全国大会ともに出場するのは北郷里1年の武田竜成君(形競技2位)と長浜北3年の小澤奈月さん(組手競技1位)、長浜1年の古山泰成君(組手競技2位)。
 3位、敢闘賞で近畿大会に出場するのは北郷里3年の武田侑駿君(形競技)と長浜3年の堀田一斗君(同)。
 全国大会は8月6、7の両日、東京武道館。近畿大会は10月23日、和歌山市のビッグホエールで。全員、「一生懸命頑張る」「初戦突破」「優勝を目指す」などと意気込んでいる。
 長浜道場には草野健治会長(46)の指導の下、3〜70歳の約70人が稽古に励んでいる。近畿大会は4年連続、全国大会は3年ぶりの出場。草野会長は「皆、経験は浅いが、1年の成果が出た。来年につなげたい」と話している。


2016年05月27日 15:13 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会