滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



長浜東中学校、茶道で学ぶ和敬清寂・一期一会

 長浜東中の生徒が3年間の茶道授業を通して「和敬清寂」や「一期一会」の精神を学んでいる。
 同校では平成22年から情操教育の一環で茶道表千家講師の田中由美子さんら外部講師を招き、全生徒が学期ごとに1回の体験授業を受け、礼儀や感謝の心を培っている。
 1年生は6月に信楽焼の陶芸家を招いて茶碗を制作し、卒業まで自作の茶碗で授業に臨み、3年生は有志が北郷里フェスティバルに参加し野点で地域住民をもてなしている。
 今年の1年生は4月の座学で茶道の歴史や動作の基本のほか、主人と客が互いに敬い心身の清浄を追求する「和敬清寂」、出会いを一生に一度しかない機会としてとらえる「一期一会」など、茶道の精神を学んだ。
 きょう18日には1年生の初めての実習が行われ、生徒33人が主人と客をそれぞれ体験。田中さんは抹茶の点て方などを指導し、客の生徒には「右手で茶碗を持ち左手に乗せる。正面は左に向けてください」などと説明していた。
 森陽祐君(13)は「相手にお茶を美味しく楽しんでもらえるようにと、おもてなしした。茶碗の正面を相手に向けたり、反時計回りで茶碗を回したり、細かな決まりごとに、気をつかった」と感想を話していた。
 田中さんは「茶道を教えて学校がすごく静かになり、生徒の行儀が良くなった。茶道の心が生徒に伝わっていると嬉しいです」と語り、別府清和教頭は「おもてなしの心、感謝の気持ちを学ぶことで生徒が落ち着き、学校の雰囲気が変わった」とその成果を実感している。


2016年05月18日 15:38 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会