滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



三成、幸村の兜も

虎姫時遊館、山口さんの作品展
 三川町、虎姫時遊館で戦国時代の武将が被っていた鉄製兜をモデルにした作品展が開かれている。
 作者の山口四郎さん(67)=彦根市開出今町=は、パナソニック電工でドライヤーやシェーバーの小型モーターの製造をし、定年退職後もモノづくりを続けたいと、兜の製作をするように。
 作品は写真集を参考にしながら、実物同様、鉄板を切断・加工。釘で鋲止めし、スプレーで着色している。作品展では「大一大万大吉」の旗印がついた石田三成の「日根野頭形兜」、真田幸村が愛用した「鉄地錆赤塗り椎実形兜」など17点を並べている。
 山口さんは「『どうやって作ろうか』と加工方法を考えるのが楽しい。皆、手間ひまかけ、根気良く作った作品ばかり」と話している。午前9時から午後5時、20日まで。月曜休館。無料。


2016年05月07日 15:48 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会