滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



フタバヤ 300万円を寄付

熊本地震被災地と赤十字活動を支援
 フタバヤは10日、熊本地震の被災地支援と、現地で活動する日本赤十字社の応援ため、総額300万円を日本赤十字社滋賀県支部に寄託・寄付した。
 フタバヤは震災直後の4月15日に長浜、近江、彦根の3店舗に募金箱を設置し、5月8日までに計143万7586円が集まった。特に4月16日の震度6の本震直後から1万円札をはじめ数多くの募金が寄せられ、全額を被災地支援のために日本赤十字社滋賀支部に寄託。合わせて、フタバヤ自身も156万2414円を被災地で支援活動にあたっている日本赤十字社に寄付した。
 この日、寄付のため長浜赤十字病院を訪れた中川智之社長は「募金箱を設置したところ、多くのお客様に共感していただいた。この思いを被災地に伝えてもらえれば」と話し、日夜、不眠不休で被災地の医療活動を支えている日本赤十字社に対しても「真っ先に現地で活動していただき心強く思う。少しでも支援になれば」と話していた。
 なお、日本赤十字社滋賀県支部からは延べ48人が被災地で活動している。


2016年05月11日 16:08 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会