滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



満席の会場に涙と感動

「ニコツー」と「アオ」の演劇
 小谷丁野町のニコニコハウスで27日、演劇サークル「ニコツー」と朗読劇団「アオ」のライブが開かれ、感動のステージが、満席(90人)の会場の笑いと涙を誘った。
 「ニコツー」は地元の小学生7人がフリー俳優・磯崎真一さんの指導で表現法やコミュニケーション作りなどを学んでいる。演じた「春がくるまでまってごらん」は子どもたちが絵本からイメージを膨らませた作品で、越冬するリスやネズミたちが、遠い所からやってきたウサギと心を通わせてゆく物語。子どもたちの伸び伸びとした演技が心を和ませた。
 学生、社会人8人でつくる「アオ」は余呉に伝わる白子皇子伝説を元に脚本家・森千鶴さんが作った悲恋物語「ヤマノカゼ」を演じた。農家の娘・ナズナが山菜採りで山奥に入り、真っ白な体の皇子に出会う。2人は恋に落ち、万病に効く草花を探すが、ナズナは谷に落ち、この世を去る。心を閉ざす皇子の心を次第に開かせてゆくナズナの一途な姿が、観衆の胸を熱くした(写真)。


2016年03月29日 20:11 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会