滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



「おいしかった」をエネルギーに

シフォンケーキyon
 30種ものオリジナルを揃え、厳選素材にこだわって焼きたてを限定販売。季節の食材を使ったオリジナルシフォンケーキが人気を呼んでいる。
◇   ◇
 店主の高山洋子さん(54)は2012年、自宅の一角に喫茶店をオープン。コーヒーとともに提供していたシフォンケーキが好評で、徐々に注文が増えてきた。
 当初は知人から教えてもらったレシピを元に作っていたが、改良を加え、オリジナルの味に移行。2年の歳月をかけ、ようやく「いける」と確信した高山さんは、製造場を新たに設け、シフォンケーキの専門店をオープンすることに。
 シフォンケーキの命、メレンゲはベーキングパウダーなどを使わず、卵の泡の力だけで、膨らませている。きめ細かく仕上がっており、静かな場所で食べると、泡の割れた音がするほど。
 材料の卵や小麦粉、オリーブオイル、メープルシロップ、塩などもシフォンケーキに合う素材を選んでおり、しっとりモチモチ。包丁でカットすることができないほど柔らかいため、客には手でつまんで食べてもらうようアドバイスしている。
 メニューは甘さを抑えたプレーン、紅茶風味のアールグレイ、チョコなど30種があり、季節限定の桜も人気。新たな店舗展開も考えている高山さんは「お客様の『おいしかった』という言葉をエネルギーに頑張っている。(専門店の開業を)決断してよかった」と話している。標準18㌢ホール箱入り1200円から。午前10時開店で売り切れ次第終了。米原市高溝636の3。火曜定休。


2016年03月23日 16:42 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会