滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



手作り肴で、地酒楽しんで

今週末、長浜バイオ大生が催し
 長浜バイオ大の学生が湖北の食材を使った「酒の肴」を手作りし、16、17日に市街地の大手門通り商店街で開く「地の酒フェスタ」で販売する。
 同大のキャリア教育科目「長浜魅力づくりプロジェト」を受講する園部浩史さん(バイオサイエンス学科2年生)らがレシピを考案した。米原市の料理研究家・古沢みどりさんに相談しながら「ブラックバスの天ぷら梅肉のせ」「伊吹ふろふき大根自家製柚子みそ添え」「冨田酒造の酒粕ういろう小豆のせ」など5種類を作り、高月町雨森から切り出した竹の筒皿で提供する。学生らはブラックバスの三枚下ろしや柚子みそ作りなど、古沢さんの指導の下、調理実習を受け、準備を進めてきた。1日100皿限定。400円。
 フェスタでは冨田酒造、佐藤酒造、山岡酒造、山路酒造をはじめ県内の酒造メーカーが参加し、試飲を楽しめる(40㍉㍑100円〜)。午前11時から午後4時まで。
 なお、両日は謎解きを楽しむ「脱出ゲーム」も同時開催(参加費500円)。


2016年01月13日 15:56 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会