滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



押谷盛利氏 死去 92歳

滋賀夕刊新聞社創業者
 滋賀夕刊新聞社の創業者でコラム「時評」を長年執筆してきた押谷盛利(おしたに・もりとし)氏が21日午後5時53分、老衰のため米原市の自宅で死去した。92歳。故人の生前よりの希望で、葬儀・告別式は24日、家族のみで営まれた。喪主は妻の崇子(たかこ)さん。後日、「お別れの会」が開かれる。
 昭和34年の日刊地方紙「滋賀夕刊」(当時は夕刊滋賀)の創刊当初からコラムや記事を執筆。国内外の政治や経済、教育、環境、文化、健康など幅広いテーマについて、鋭い切り口で独自の論陣を張り、読者の共感を集めた。「ニュースや世相に対する感動、主張を前向きの姿勢でストレートに訴えること」を執筆の心得としていた。近年では、湖北地域の大同合併の推進を訴えて政治、世論をリードし、長浜市、東浅井郡、伊香郡の1市8町合併の実現を後押しした。
 押谷氏は大正12年、旧東浅井郡上草野村野瀬生まれ。大阪市内の高校を卒業後、中央大学法学部に入った。学徒出陣で召集され、伏見の野砲隊を経て陸軍船舶部隊「暁部隊」として広島に派遣。「原爆投下の2週間前に佐賀県へ転属し、九死に一生を得た」と当時を振り返っていた。復員後は古里へ戻り、村の制度改革や暴力組織追放運動に取り組み、市民7000人が集った暴力追放集会は当時を知る人の語り草となっていた。昭和34年に長浜市議に初当選し、同38年に再選した。昭和50年には県議会議員に当選した。
 市議初当選の年に長浜市神前町を拠点に「滋賀夕刊」を創刊。日刊の通常版に加え、伊香版、東浅井版、米原版、彦根・犬上地域では「しが彦根新聞」を発行し、湖北・湖東地域のローカルニュースを伝えてきた。
 新聞発行業の傍ら、長浜文学協会を立ち上げるなど地域の文化活動を積極的に支援した。平成15年には地方自治功労で勲五等瑞宝章を受章。
 「時評執筆が生きがい」と、卒寿を迎えてもなお健筆を振るっていたが、高齢を理由に今年11月26日の時評(長浜版)をもって筆を置いた。以降は自宅で隠居生活を送っていた。
◇   ◇
 なお、遺族の希望で弔問、弔電、香典、供物、供花は辞退。お別れの会の日時、場所は決まり次第、滋賀夕刊、しが彦根新聞の紙面で告知する。


読者の皆様へ
 読者の皆さんが長年、応援して下さいました弊紙創業者・押谷盛利は21日、この世を去りました。告知が遅れましたことをお詫び申し上げます。
 今年11月26日に筆を置いて以来、多くの方々から励ましや心配のお手紙を頂きました。誠にありがとうございます。また、生前より時評の執筆をはじめ、数々の活動を応援して下さった皆様に、厚く御礼申し上げます。
 コラム、記事の執筆は56年にのぼります。弊社の従業員は最長でも勤務25年ほどですので、読者の皆さんのほうが押谷との付き合いが長かったのではないでしょうか。
 押谷は私の祖父でありますが、私が滋賀夕刊新聞社に入社してからの18年間の姿しか知りません。どのような歩みで今に至ったのかは多くを語らず、私が地域を取材する中で、年配の方から押谷の過去の苦労や偉業を聞く機会が何度もありました。実母を早くに亡くし苦労して学校を出たこと、リヤカーを曳いて魚の行商をしていたこと、暴力追放の大演説を打ったこと、伊吹へ自転車で取材に行っていたこと—。いろんなエピソードに出会いました。
 私の知る押谷は事務所の自室にこもって本や新聞を読み、各種会合には精力的に出席する、という姿でした。近年は短歌や俳句を楽しむ時間が増えていたように思います。
 読者の皆さんが愛して下さった時評については改めて説明する必要はありませんが、常に家族や地域、そして日本の将来を考えて執筆しておりました。そして読者からの反響を執筆の励みとし、日ごろから「時評が生きがい」と語っておりました。つまり、読者の皆さんがあってこその押谷の新聞人生だったと思います。
 その時評に区切りをつけた際に話していたのも、やはり長年愛読して下さった皆さんへの感謝の言葉でした。そして、筆を置いてから1カ月も経たないうちに旅立ってしまいました。押谷が最後まで時評を執筆し続けられたのは読者の皆様のお陰でした。改めて御礼申し上げます。
 押谷の作り上げた滋賀夕刊、しが彦根新聞とその精神を継承し、発展させることが残された私たちの使命として、これからも新聞発行に邁進いたしますので、今後も変わらぬご支援とご指導をよろしくお願い致します。
滋賀夕刊新聞社代表  押谷 洋司


2015年12月24日 15:14 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会