滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



今が見ごろ、鶏足寺の紅葉

錦秋、自然のグラデーション
 紅葉の名所、木之本町古橋の鶏足寺で、モミジ狩りを楽しむ観光客で賑わっている。今年は例年より、1週間ほど早く、今が見ごろ。
 参道には200本余りのモミジの古木が並んでおり、赤く色づき、道の石段に茶色くなった落葉がカーペットを敷き詰めたようになっている。
 地元の人によると、今年の紅葉は始まるというより、それぞれの木が各自のペースで色づいており、緑や黄、赤などそれぞれの個性が楽しめる。すでに散っているのもあれば、これからの木もあり、「自然のグラデーションを楽しんで」と話している。
 なお、近くの己高庵は22日午前9時から午後1時半まで、紅葉茶会を開く。茶席料500円。また、奥びわ湖観光協会などは散策の際、協力金200円を呼びかけている。


全国10位、鶏足寺
 鶏足寺の紅葉が、旅行情報などを提供しているインターネットサイト「ジョルダン」の紅葉人気ランキングで全国10位に入った。
 昨年のアクセス数を元にしたもので、ベスト10は神宮外苑(東京)、六義園(同)、六甲山(兵庫)、高尾山(京都)、高台寺(同)、香嵐渓(愛知)、青蓮院門跡(京都)、長瀞(埼玉)、昇仙峡(山梨)、鶏足寺の順。鶏足寺はモミジ参道を散策しながら、錦秋を楽しめるスポットとして紹介している。


2015年11月18日 16:37 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会