滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



ジャズでスイング、ドーナツ盤で昭和歌謡

 東主計町にこのほど、「レコードカフェ」がオープン。懐かしい音楽に浸りたいオールドファンで賑わっている。
 店主の伊藤年明さん(64)は若い頃からコーヒーとジャズが好きで、全国のジャズ喫茶を巡りながら、70年代に流行したマイルス・デイビスやアート・ブレイキーらのレコードを集め、コンサートにも出かけていた。
 昨年暮れ、息子が自宅を新築したのに伴い、夢だった喫茶店を併設。28平方㍍の店内には1200枚のジャズのLP盤のほか、美空ひばりや三橋美智也、尾崎紀世彦に山口百恵、「エイトマン」や「巨人の星」など昭和歌謡やアニメ主題歌1700枚のEP盤を飾り、ジャズ喫茶のマッチ数百個、ジャズ専門誌「スイングジャーナル」と映画雑誌「キネマ旬報」数百冊を並べた。
 客席には歌手別の曲名手帳を置き、リクエスト(1曲10円)に応じてレコードプレーヤー回してくれ、温かみのある音を店内に響かせる。
 全盛時の歌手の歌声や懐かしいレコードジャケットが楽しめ、古いオーディオ機器が話題となるため、中高年の人たちに人気。コーヒーも厳選したマンデリンやケニア、グァテマラなどが味わえる。
 伊藤さんは「レコードにはCDにない音質がある。音楽とコーヒーは健康に良いとされ、元気になれる。昔を懐かしみに来てほしい」と話している。営業時間は午後1時から6時半(金〜日曜は11時まで)。貸し切り予約、食事の持ち込み可。不定休。


2015年07月03日 17:09 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会