滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



飛ばそう!足軽のように

伊吹山資料館で親子弓矢作り
 米原市春照、伊吹山文化資料館で20日、戦国時代の弓矢作りを体験する教室が開かれ、市内の親子67人が参加し、現代風にアレンジした弓矢を楽しんだ。
 戦国時代の城や戦略、戦術を研究している日野町教育委員会の振角卓哉さんが「足軽」姿で講師となり、当時の弓の形や使い方、戦術を教えた後、弓矢作り。
 弓はビニールパイプに黒や赤の装飾テープを巻いた上、両端にゴムを引っ掛け、弓なりに。矢はスチロール製の筒に安定して飛ぶよう後端に3枚の羽根、先端には安全なスポンジをつけた。
 全員で、完成した弓矢を放ってみると、弓の反動を利用しながら、少し上に向けることで飛距離が伸びることがわかり、中には15㍍以上飛ばす子も。
 宮川陽菜さん(河南5年)は「作るのも簡単。遠くまで飛ぶようになったので楽しかった」と話していた。


2015年06月22日 16:08 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会