滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



生の迫力、間近で楽しんで

プロの演奏家、4小学校で演奏
 長浜市内の4小学校で、プロの演奏家による出前コンサートが開かれ、児童たちが「生」の迫力や臨場感を楽しんでいる。
 「音の扉プロジェクト」と呼ばれる音楽鑑賞会は平和堂財団の芸術奨励賞の受賞者らが、学校を訪問し、ミニコンサートを開催。演奏を通して、音楽の楽しさを児童に教えている。
 湯田小学校には17日、国内外で活躍している長浜市在住のピアノ奏者・武田優美さんをはじめ、宮本妥子さん(打楽器)、後藤ゆり子さん(同)、林育子さん(メゾソプラノ)の4人が訪問。
 ショパン「革命」のピアノソロやバレエ組曲「剣の舞」の打楽器デュオ、民話と音楽のコラボ「天女の羽衣」などを間近で実演。リズムに合わせて手足を動かす、体操を一緒にし、児童たちは「楽しかった」「すごかった」などと感想を述べていた。なお、コンサートはびわ南、塩津、富永小(19日)でも開催。


2015年06月18日 15:55 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会