滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



空母GWなど精巧に再現

細江さんの模型展、テオリアで
 神前町の十里街道生活工芸館テオリアで、びわこモデラーズクラブ会員・細江恒夫さん(73)=八幡中山町=の模型展が開かれている。
 元大工の細江さんは持ち前の技術を生かして、144分の1スケールの戦艦を手作りしている。テオリアでは全長2・3㍍の原子力空母ジョージ・ワシントンをはじめ、大和、赤城、青葉、瑞鶴などの戦艦や空母計12点を並べている。戦闘機を載せたエレベーターが上下したり、プロペラが回ったりするなど精巧に作られている。いずれも木造で、水上をスクリューによって航行可能という。
 中山町の廣田年生さん・サキコさん夫妻の木工細工と紙粘土作品を同時展示。年生さんはハンドルを回すとウサギがもちをついたり、鶏がエサをついばんだりするカラクリ玩具を、サキコさんは農家夫婦やカウボーイなどを紙粘土で表現している。
 午前10時から午後4時、6月7日まで。火曜休館。


2015年05月26日 15:57 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会