滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



下八木のシンボル、親子水車

中辻さんがボランティアで新調
 下八木町の大きな水車が近所の中辻留夫さん(88)により新調された。小さな水車も新設され、「ザブン、ザブン」と涼しげな音を立てながら、親子水車が勢いよく回っている。
 地元では昔、飲み水に困り、湖北町馬渡付近の高時川に底樋を設け、稲葉、弓削、上八木を経由して通水する「八木井の源水」を造った。25年前、県の環境整備で親水公園を整備することになり、その一角に町のシンボルとして水車を設置した。
 しかし、長年、回り続けていたため、傷みが激しくなり、修繕を繰り返していたものの、昨春、ついに動かなくなってしまった。
 地元では解体、撤去の声もあったが、中辻さんは「壊すのはあかん。自分で直す。金はいらん。みんなのふれあいの場を残したい」と訴えた。
 中辻さんは手先が器用で、桶屋や下駄屋、土木や大工などの経験がある。材料はすべて自前。使える部分を残しながら、長持ちするよう補強などを工夫。直径3㍍の水車を約1カ月かけ、完成させた。
 隣にはゆっくり回る直径1㍍の水車も新たに設置。「この時代に、自分という存在を残せた。また、新たなことに挑戦したい」と話していた。


2015年05月15日 15:13 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会