滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



湖岸にツリーハウス

親子で冒険、学生が新棟を計画
 琵琶湖岸、米原市の神明キャンプ場近くの冒険広場にツリーハウスがこのほど完成し、親子連れで賑わっている。大学生による別棟の計画も進められており、新たな観光スポットとなりそう。
 オーナーの手原繁吉さん(68)=長浜市下坂浜町=は、6年前、休耕地だった約1000平方㍍を借りて、ログハウスやビニールハウスを建て、ヤギやニワトリなど小動物の飼育を開始した。次第に家族連れらが集まるようになり、アメ作りなど親子で楽しめるイベントを開くようになった。
 敷地内には数本の巨木が生えており、手原さんは友人で大工が趣味の北川清光さん(68)=彦根市=にツリーハウスの建設を依頼。高さ約5㍍のエノキの枝木を利用し、4カ月かけ約16平方㍍の小屋を設置した。
 伊吹山や琵琶湖、長浜ドームなどが一望できるツリーハウス。全国でツリーハウス製作を展開している立命館大学の学生団体「Clown」が、この噂を聞きつけ、同じ敷地内に生えている別の木で地域住民や子どもたちを巻き込んだ新たなツリーハウスの設置を計画。今秋の完成目指し、準備を進めている。
 手原さんは「ここでは『ケガと弁当は自分持ち』がセオリー。自由に親子で遊んでもらえれば」と話している。場所は道の駅「近江母の郷」(宇賀野)北側。午前10時から午後6時、無休。参加費は100円。


2015年05月14日 15:08 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会