滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



長浜にもザゼンソウ

山林に群生、廣田さんが撮影
 湯田地域の山林で春を告げるザゼンソウが群生。湖北の自然を撮り続けている虎姫診療所所長の廣田光前さん(67)は18日、その姿をカメラに収めた。
 サトイモ科のザゼンソウは2月から4月にかけ花を咲かせる。花全体が堂の中で座禅をしている僧侶の姿に見えることから、この名がついた。自ら発熱し、周りの雪を溶かし、独特の臭いを放ってこの時期、数少ない昆虫を引き寄せる。
 県内では高島市今津町の群生地が有名で、「緑地環境保全地域」に指定され、行政や住民らにより大切に守られている。
 廣田さんによると、この林には50株以上のザゼンソウが咲いているといい「こんな近隣で間近に見ることができるとは。いつまでも鑑賞できるよう、そっと見守ってほしい」と話している。


2015年03月19日 16:05 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会