滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



力試しの「力石」発見

内保八幡神社で、本殿脇に安置
 かつて内保町の内保八幡神社の境内に置かれ、若者の力試しなどに使われていた「力石」がこのほど発見され、本殿脇に安置された。
 同神社境内には古くから卵形の石が置かれ、近隣住民が力自慢を競ったと伝わる。しかし、戦後、行方が分からなくなっていた。今年3月、往時を知る田中市太郎さんが記憶をたどって境内を探したところ、縁石として半分埋まった状態で発見。氏子総代の川添泰志さんに連絡した。
 川添さんは力石を本殿脇に置き、木製の立て看板に解説を記した。中学校の理科教諭でもあった川添さんが寸法から重さを測定すると推定約120㌔。米2俵分との伝承と一致した。
 川添さんは「力石は境内の土俵近くに置いてあり、奉納相撲の際には青年団の若者が力試しに持ち上げたと聞いている。その昔は武士が出陣の際にこの石を持ち上げて武運長久を願ったかもしれませんね」と語り、先日の春祭りでは子ども達が「力がつきますように」と石をなでていたという。


2015年03月18日 16:00 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会