滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



生花のような布花

湖北公民館で、バラや野いちご
 湖北町速水、湖北公民館で生花のような布花が多数展示され、訪れる人の目を引いている。
 作品は彦根で布花教室「De reve(ドゥ レブ)」を主宰する武野美和子さん(68)が作ったもの。
 武野さんは37年前、彦根に転居したのをきっかけにアートフラワーを習うようになり、ドイツで修行を重ね、日本フラワーデザイナー協会の1級フラワーデザイナーを取得。自宅で教室を開いている。
 本物のバラなどを1枚1枚はがして、ダンボールで型紙を作り、染色したシルクなどを貼りあわすという、手の凝った技法を用いているため、本物そっくり。
 ギャラリーには春や秋をイメージしたコーナーを設け、ローズリースや愛らしいブーケ、野いちごを添えたデコレーションケーキなど76点を展示。武野さんは「自然界にある色を使い、素材の風合いを生かし、『生』に限りなく再現した。作品で心が癒されたら」と話している。午前8時半から午後6時、29日まで。水曜休館。無料。


2015年03月06日 15:37 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会