滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



「1年半の成長を見て」

ライフまいばらアート作品展
 知的障害者の生活介護事業所「ライフまいばら」(米原市大鹿)のアート活動作品展が、近江公民館で開かれている。
 施設には湖北地域の18〜64歳、23人が通所しており、1年半前から月2回、絵画教室を主宰する大橋優子さん(長浜市鳥羽上町)を講師に創作活動をしている。
 通所者は皆、自分のスタイルで作品作りをしており、大橋さんは「これを使ってみては」と画材のバリエーションを提案する程度。強制するのではなく、本人の自主性を重んじており、自由で伸びやかな作品に。また、大橋さんのアドバイスにより、進化していることがわかる。
 会場では現在までの歩みを紹介。個性豊かな絵画、陶芸、立体など約70作を展示している。大橋さんは「表現が豊かになっているなど、この1年半の成長を見てほしい」と述べ、井下山貴施設長は「他人を見つめるなど、利用者の視野が広がり、ゆとりが出てきた。何事にも充実するようになり、チームプレーもできるようになった」と話している。午前9時から午後6時、10日まで。月曜休館。無料。


2015年03月05日 19:12 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会