滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



大理石配布に長蛇の列

旧庁舎から解体、3時間待ちも
 長浜市が22日、旧市庁舎のエントランス吹き抜け部分に施されていた大理石片を無料配布したところ、配布開始3時間前から市民が配布会場に訪れるなど、300人以上が列を作った。
 旧庁舎の解体を前に、市職員がエントランスの円形吹き抜けや階段に施された大理石を取り外した。長さ1㍍ほど板状の大理石から、数センチのかけらまで、大小約350片になり、市民への無料配布を呼びかけていた。
 この日は午前9時からの配布開始にもかかわらず、配布場所となった市役所文書庫棟前では午前6時から車中で待機する市民も。市が整理券を配布したため混乱はなかったが、整理券が尽きて、あきらめて帰る市民もいた。列には市職員や市議の姿も見られ、手に入れた大理石を旧庁舎の思い出としていた。
 配布開始後50分ほどで、すべての大理石が「完売」となり、「また、配布して欲しい」と期待する市民もいた。市庁舎整備室は「予想以上の反響に驚いている。もう大理石はないので、配布はできない」と話している。


2015年02月23日 17:57 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会