滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



バイオリンで、猫や雨音

音楽集団みとみっくが出前授業
 21日に浅井文化ホールでクラシックコンサートを開くワークショップ音楽集団「みとみっく」による出前授業が16日から長浜市内の小中学校で始まった。
 グループは関フィルで活躍する奏者や若手音楽家ら7人が音楽の普及や地域の子どもたちとの交流のため2013年12月に発足。長浜は昨年7月に続き、2度目の訪問で、今回は21日まで滞在しながら、虎姫小、長浜北中、湯田小など5カ所で体験学習会や鑑賞会を開いている。
 16日には虎姫小で5、6年計102人に出前授業。ルロイ・アンダーソンの「プリンク・プレンク・プランク」やビバルディの「四季より冬」などの名曲に合わせ、バイオリンで雨音や踊る猫などを表現し、児童たちを驚かせた。また、アイルランド民謡「バタフライ」では、全員がリズムに合わせて体を動かし、音楽の楽しさを味わっていた。代表の橋爪大輔さんは「子どもたちに、生身のコミュニケーションの楽しさを実感してもらえれば」と話している。


2015年02月17日 15:58 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会