滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



元気いっぱい、初舞台

まいばら☆えんげKiDS発表会
] 米原公民館の子ども演劇クラブ「まいばら☆えんげKiDS」の発表会が11日開かれ、かわいい役者たちがこれまでの練習の成果を披露した。
 クラブのメンバーは一般公募で集まった市内の小学2〜4年生8人で、フリー俳優の磯崎真一さん(長浜市元浜町)を講師に昨年4月から毎週日曜、演技の基本などを学び、発表会に向け、練習を重ねていた。
 この日は大学生で演劇活動をしている井口真帆さん(高月町)が創作したオリジナル劇「アベコベモデル」を上演。ある小学校を舞台に、校長扮するアベコベ博士と児童たちが、理想と現実のギャップなどを解決してゆく楽しいドラマで、ちびっこ役者たちは、元気いっぱいの演技で満員の観客から大きな拍手を浴びていた。
 松田清楓ちゃん(米原4)は「最初は緊張したが、次第に慣れて楽しくなり、最後はスッキリした。たくさんの人に観てもらい、嬉しかった。将来は女優を目指したい」と目を輝かせていた。なお、メンバーは次の皆さん。岩村惺太(坂田2)、北川綾菜(同3)、橋爪里奈、田中美桜、松田清楓、川崎夏葉、川邊佑実、吉川水彩(以上米原4)。
   ◇   ◇
 「まいばら☆えんげKiDS」は3月29日午後1時から、米原公民館で演劇体験ワークショップを開く。無料。問い合わせは同公民館☎(52)2240へ。


2015年02月12日 15:42 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会