滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



福 たくさん持って帰って

長浜八幡宮で節分祭
 節分の日の3日、長浜八幡宮で節分祭が開かれ、還暦と古希を迎えた男女20人が福もちや福まめをまいた(写真)。
 年男・年女は本殿で祈祷を受けた後、拝殿へ。長浜曳山祭總當番の山田富造委員長扮する4つ目の「方相氏」が矛と楯を打ち鳴らして鬼を退ける掛け声を上げ、弓司の堀井一樹長浜警察署長が3方に破魔矢を放つと、一斉に豆やもちを撒いた。境内には福を授かろうと、平日にもかかわらず多くの参拝客が詰めかけ、手にしたカゴを高く掲げる市民もいた。


2015年02月04日 10:44 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会