滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



貴重な文化財を守れ

長浜八幡宮で消防訓練
 文化財防火デー(26日)にあわせ、24日、長浜八幡宮で消防訓練が行われた。
 訓練は、境内で落葉を燃やしていたところ、風によって本殿に火が移ったとの想定で行い、長浜消防署、消防団、神前東町自警団などの関係者約50人が参加。文化財の搬出や消火、参集殿に取り残された神社関係者の救出作業を行った。
 長浜消防署の山本晃司副署長は「国民共有の貴重な財産を、後世に伝えるため、防火意識の高揚に努めて欲しい」と話していた。
 文化財防火デーは昭和24年1月26日に法隆寺金堂壁画が焼損したのを教訓に制定された。今年は19日からから30日までを文化財防火運動期間として、湖北地域消防本部では社寺4カ所での防災演習のほか、文化財を保有する社寺での防火検査などを実施している。


2015年01月26日 15:22 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会