滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



春を先導、ロウバイ

廣田さん、南呉服町で見つける
 季節の風物詩をカメラで追い続けている虎姫診療所所長の廣田光前さん(66)は南呉服町できれいなロウバイを見つけ、写真に収めた。
 ロウバイは、ろう細工のような梅に似た花を付けることからこの名が付いた。17世紀ごろ中国から渡来したとされる。花の少ない正月ごろ、真っ先に咲き始めるため花言葉は「先導」。
 廣田さんによると、湖北地域で見かけるのは、ほとんどが花の外側だけでなく内側も黄色い「素心ロウバイ」。豊国神社の近くを歩いていたところ、偶然、民家の庭先でロウバイを見つけ、家人の了解を得て、撮影したといい「ロウバイは年明けに咲くトップバッター。季節を感じてもらえれば」と話している。


2015年01月22日 16:07 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会