滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



柴田君の絵画、ルーブルに

「長浜城」 21万点から選ばれ、渡仏
 21万点を超える応募があった「第38回こども絵画コンクール」(住友生命主催)で、安養寺町の柴田幸輝君(びわ北小4)が銀賞を獲得した。作品は3月6日から1カ月間、フランス・パリのルーブル美術館に展示される。
 コンクールは「これがイチバン!」をテーマに全国から21万7397点の応募があり、特別賞、金賞、銀賞の102点が渡仏する。柴田君の作品は「そびえたつ長浜城」。青空の下、長浜城を力強く描いた。「春は桜、秋は紅葉と、季節によって感じが違う。長浜で一番立派な建物なので描いた」と話し、屋根の瓦を細い筆で表現するのに苦労したという。
 3月下旬にルーブル美術館で開かれるセレモニーに母親と一緒に参加。柴田君は「応募前からお母さんをルーブルに連れて行くと話していたので、本当に選ばれて最高の気持ち」「他の子の絵も気になるけど、最初にモナリザを見に行きたい」と話している。
 柴田君は幼少から「西川ジュニアアート」(一の宮町)に通い、週1回、絵画を習っている。


2014年12月18日 17:12 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会