滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



長浜の魅力、歌と映像で

山岡さんイメージソングで伝える
 長浜の自然や歴史、街並などの魅力を歌と映像で伝えるイメージソング「Long Beach Love」(ロング・ビーチ・ラブ)が完成し、インターネットの動画投稿サイトで公開されている。近く、CDの発売も始まる。
 朝日町の山岡由佳さん(30)が、各務原市で音楽教室を主宰する小島勇司さん(35)に作詞・作曲を依頼して制作した。
 高月町西阿閉出身で、幼少からピアノに親しんだ山岡さん。現在はメーカー勤務のかたわら、「音楽を身近に感じていたい」と友人のコンサートを手伝うなどしている。
 作曲家でありサックス奏者でもある小島さんと知り合ったのは5年前。鳥羽市の「ご当地ソング」の制作のため、小島さんがボーカルを公募しているのを知り、応募した。採用されたものの歌の無い音楽となり、結局、PV(プロモーション・ビデオ)への出演にとどまった。
 長浜市街地の商店街を散策し、まちづくり活動に取り組む有志や商店主らと交流するうち、「ご当地ソングを制作したい」と、小島さんに協力を打診。快諾を受けたことで、今年2月から制作に取り掛かっていた。
 小島さんの作曲したジャズの優しいメロディーに、山岡さんが透き通った声で、黒壁や琵琶湖、商店街のアーケードなど長浜の特徴を歌い上げている。PVは山岡さんが長浜の街や自然を散策し、長浜の魅力に触れる様子を描く。
 山岡さんは「今回、PVを撮るにあたって、琵琶湖を水上タクシーでまわり、長浜の知らない一面を体感した。まだまだ魅力が詰まっている長浜に誇りを持っていただき、市外の人に知ってもらう活動につながれば」と話している。
 PVはインターネットで「長浜の歌 Long Beach Love」で検索すると見られる。CDは500円で、近くまちづくり役場で発売を開始する。


2014年11月06日 17:06 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会