滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



滋賀県初の民間救急車

「かすたねっと」9月9日発進!
 末広町の民間救急医療サポートサービス滋賀「かすたねっと」(横田和之代表)は、県内初の民間救急車サービスを9月9日から開始する。
 横田代表は湖北地域消防本部に救急救命士として21年間、勤務。救急車が緊急を要さない場合やタクシー代わりに使われていることを憂い、「民間でカバーし、救急隊員の負担を軽減できれば」と同本部を退職し、新会社を発足させた。
 民間救急車は一般の救急車と介護タクシーの中間的なサービスが可能。サイレンを鳴らしての緊急走行はできないが、県内を中心としたエリアで▽転院搬送▽希望病院への搬送▽長距離移送▽通院や入退院▽施設への送迎▽患者との家族旅行などができる。
 料金は近畿運輸局により運賃が定められ、初乗り1時間または15㌔以内5960円。以降、30分または7・5㌔ごとに2340円。看護師などの介助料金や資機材使用料が別途必要。車中では医師の指示を受け、点滴、酸素投与、心電図のモニター管理などができる。
 同社では湖北地域消防本部の認定講習を受けたスタッフ7人がおり、電話受付は24時間対応。マラソン大会やイベント会場での救護待機(スタッフ2人、1時間5000円〜)も受け付けている。予約は9月1日、サービス開始は9日から。
 横田代表は「訪問介護・介助などもやってゆきたい」と話している。
【民間救急医療サポートサービス滋賀かすたねっと】 末広町240の17 ℡(50)1941


2014年08月28日 16:49 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会