滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



ホテイアオイ、見ごろ

細江町の田んぼに紫の花、群生
 細江町、良善寺西側の田んぼでホテイアオイの花が見ごろとなっている。
 群生している約1600平方㍍の田んぼは、水はけが悪いため、耕作放棄されていたが、近くの森善昭さんが借り、沼地の性質を利用して、ハスやスイレンを植えている。2年前、琵琶湖に浮いていたホテイアオイを持ち込んだところ、環境があったせいか、増え始め、今では50㌢以上に成長。2、3日前からは花も咲き始めた。
 ホテイアオイは南米原産の水草で、水面に浮かんで紫の花を咲かせる。丸く膨らんだ根元が布袋さんの腹に、葉っぱがアオイに似ているのでこの名が付いた。別名ホテイソウやスイギョク(水玉)、ウォーターヒヤシンスとも呼ばれる。
 花は日照に合わせて開き、翌朝には新しい花をつける。毎日入れ替わって咲くため、色鮮やか。森さんによると今月いっぱいが見ごろ。


2014年08月13日 17:18 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会