滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



堂々の演技、観客を魅了

長浜曳山まつり、本日迎える
 長浜曳山まつりは15日、本日を迎えた。長浜八幡宮境内では絢爛豪華な曳山の舞台で華やかな衣装を身にまとった子ども役者が歌舞伎を披露し、市民や観光客から大きな拍手を受けていた。
 大きな太刀を携えた子ども達による太刀渡りの後、青海山、春日山、月宮殿、諫皷山の順番に歌舞伎を奉納。一番山の青海山では久保寺草太君(9)が三番叟を華やかに舞って歌舞伎の開幕を告げると、江畑秀次郎君(11)、中川太吾君(9)らが「恋女房染分手綱重の井子別れの段」を熱演した。
 大手門通り商店街での上演を経て、夕刻にはお旅所で歌舞伎を奉納。三番山、四番山が演じるころには、日が暮れて提灯に火が入り、ライトアップされた曳山と子ども役者の艶やかな演技に観覧客が酔いしれていた。
◇   ◇
 長浜八幡宮の向かいの民家では長浜西中の3年生が茶屋を運営。昨年、伝統文化学習で茶道を学んだ成果を披露した


2014年04月16日 16:09 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会