滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



笑いと涙誘う大衆演劇

市川ひと丸劇団、長浜公演が開幕
 笑いと涙を誘う大衆演劇「市川ひと丸劇団」の公演が国民宿舎「豊公荘」で始まり、人気を集めている。
 劇団はユニークな座長の人柄があふれる芸風が人気の的。2枚目と3枚目を巧みに使い分け、「子持ちやくざ」など人情芝居ではクライマックスで子役が魅せる。舞踊ショーとの2本立てで、ショーはテンポのある組舞踊が好評。
 同劇団の来浜は3年目。今年は1日1回限りの公演にし、毎週水曜には特別公演を行うなど内容を充実。回を追うごとにファンが増えており、市川座長は「たっぷり時間をとり、毎日、演目を変えて全力投球で頑張っている。ぜひ、観に来て欲しい」と話している。
 午後1時半から3時半(特別公演は4時)。27日まで。料金は1500円(特別公演は300円増)。20日休演。25日の特別公演は通常料金で観覧できる。10日までの演目は次のとおり。
 ▽5日=特別公演・情恋地獄▽6日=大阪喜八▽7日=吉五郎ざんげ▽8日=男の情話▽9日=長崎物語▽10日=おけさがらす。


2014年02月04日 16:33 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会