滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



官兵衛博覧会が開幕

竜雷太さんらテープカットで祝う
 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の放映に合わせ、長浜市で19日、黒田官兵衛博覧会が開幕し、木之本町木之本で行われたオープニングセレモニーではNHK大河ドラマで官兵衛の祖父・重隆役を務める竜雷太さんらも参加し、テープカットやパレードなどを行った。
 メイン会場のひとつ「大河ドラマ館」(木之本交遊館)では藤井勇治市長、黒田家16代当主の黒田長高さん、竜雷太さんらがテープカットして開幕を祝い、館内を見学。館内には大河ドラマの衣装や小道具などが展示されているほか、官兵衛が参陣した賤ヶ岳合戦を資料やジオラマで紹介。一行は語り部ガイドの案内で黒田家発祥の地が木之本町黒田であるとの説明などを聞き、官兵衛にゆかりのある湖北地域の歴史に、興味を深めていた。
 館内の見学の後は、木之本中学吹奏楽部の先導で地蔵坂などをパレードした。
 オープニングイベントの参加者は約1000人。初日の入館者は大河ドラマ館368人、歴史館(長浜城歴史博物館)246人だった。


2014年01月20日 16:50 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会