滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



「心に馬力をもって」

長浜市の仕事始め式で訓示
 県内の自治体で6日、新年の仕事初め式が行われ、長浜市では藤井勇治市長が「心に馬力をもって常に前進していけるよう精励してください」などと職員に訓示した。
 式には幹部職員や議員約120人が出席。藤井市長は「広報ながはま」1月号で対談したパラリンピック選手・佐藤真海さんの「乗り越えられない試練は与えられない」との言葉を紹介し、「いかに厳しい困難な状況でも必死で努力し、仲間と支え合い、知恵を出し合うことで素晴らしい仕事ができる」と職員に呼びかけた。
 職員を代表して新年の抱負を語った年女の武田真利弥さん(23)=保険医療課=は日々の窓口業務で社会保障制度に不安を持っている市民が多いことから、「不安を少しでも取り除くため、正しい知識を身につけ、おもてなしの心を持って接するよう努めたい」と語った。


2014年01月06日 18:05 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会